ブログトップ

If you're tangled up, just tango on.

keepwalk.exblog.jp

慶応通信挑戦2年目。女子としては珍しい法学部乙類(政治学科)所属の日記です!

カテゴリ:読書( 3 )

みなさんこんばんわ、しょこです。

今週末はいよいよテストですね!
受験される方は頑張ってください♪

私は例の提出ミスで受験できず・・・。
1月に頑張る予定です。


実は今ちょっと、モチベーションが低下ぎみで
困っています。なんのために勉強するのか
自分のなかに見いだせなくなるときがあります。
そういうときはどうすればいいんでしょうねー
がむしゃらに勉強にむかえない自分がもどかしい日々です。


今回はそんなこともあり
初心にかえる意味でも慶応の願書で使用した
「職業としての政治」を紹介したいと思います。




d0338572_22110728.jpg
ぶっちゃけると、やっぱり難しいです。
でも講演がもとになっているため読みやすくもありますし
政治学の基本がコンパクトにまとまっていて、
政治学を学ぶのであれば基本の本だと思います。


特に私が好きななのが政治家の資質について語るところですね。
ウエーバーによれば政治家に重要な資質は
情熱、責任感、判断力
なのだそうです。

政治が我々の身の回りにある身近なものだとすれば
この資質は政治家だけでなく我々にも必要なものに違いないと思いました。

岩波文庫版ですと77ページ以降が読んでいて熱くなると思います。
最後の文章もすきです。

何度でも立ち上がって諦めないことがどんな時もものをいうのかもしれません。

私ももうちょっとが頑張りたいと思っています。









[PR]
by shoko-run-run | 2015-10-14 22:28 | 読書 | Comments(1)
みなさまこんばんわ。 しょこです。

ブックオフオンラインで注文していた参考文献が到着しました!

d0338572_21541761.jpg


なんとか政治学の単位はとれたものの、まだまだ政治学の基礎はできていないと感じているため
政治学の基礎的な本には目を通すようにしています。


あとはこれから勉強する予定の憲法関連の本。
私は教育学部出身なのですが、法学というものに触れたことがないので
まずは法学的なものの考え方・見方というものに慣れたいなと思っています。

ところで参考文献の類いですですが、
個人的に買ってしまうというのが私のスタンスです。
どうしても手がでないものは図書館で借りようかなと思っています。


買っちゃえばいつでも読めるし線も引けるしというのが
その理由です。

図書館で借りるとどうしても期限がありますしね。
手元におけるものはおいておきたいとおもっています。


だから、アマゾンのマーケットプレイスやブックオフオンライン
にはお世話になってます。



あ、あと、私のblogですがどなたでもご自由にお気軽にリンクしていただければと思います。
少しずつですがお知り合いを増やしていきたいと思っておりますので
どうぞよろしくお願い致します!(*´∀`)♪


これから頑張って日本政治史ノートまとめやります~


最近は勉強柄満州国という単語をずっとみていたので
「ラストエンペラー」がみたい気分です。




にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
[PR]
by shoko-run-run | 2015-10-10 22:10 | 読書 | Comments(3)


みなさんこんばんわ、しょこです。

いろいろ手探りをしながら進めているこのブログ。
自分でもいろいろコンテンツは考えているですが
今日はそのなかのひとつの試みとして
オススメ本紹介したいと思います。


まず、記念すべき1回目は

岡田憲治 「ええ、政治ですが、それが何か?」です。

政治学を学ぶ人はもちろん、そうじゃない人はもっと読んで欲しい1冊です。

政治学を学ぶきっかけはおいおい語りたいと思っていますが、
d0338572_22123714.jpg
政治学勉強してますっていうとほぼかならず聞かれるのが「政治の道に進まれるんですか(ニヤニヤ)」という言葉。
(ちなみに私め、教育学部出身なので、教師にならないんですかも同じ位聞かれていました。。)

もうこの発言つっこみどころ満載なんですがなんにせよ腹立たしいのが

政治=自分たちとは遠いところにあるもの

政治=限られた人間しか関わらないもの  

って思ってるのがガンガン伝わってくるんすよね。

この本が伝えてくれるのは

そうじゃねーよと。

政治っていうのはどこにでも存在するものだよと。
誰にも関わることだよと。

だだきれいな言葉ではなく、自分たちにによりそった言葉で語ってくれます。

なんで私たちは政治をありとあらゆる意味で特別視してしまうのか。
特別視するところから離れてどう政治にどうコミットしていくのか。

政治学を学ぶ人は勇気を貰えるし、そうじゃない人は新しい視点が得られると思います。

耳から鱗が落ちるのはライムスターですけど、この本は目から鱗がマジで落ちます。



なんにせよ、タイトルがいいですよね。
いつか政治学やってますっていうとき言ってみたいですよね。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
[PR]
by shoko-run-run | 2015-09-17 22:36 | 読書 | Comments(3)