ブログトップ

If you're tangled up, just tango on.

keepwalk.exblog.jp

慶応通信挑戦2年目。女子としては珍しい法学部乙類(政治学科)所属の日記です!

読書:「ええ、政治ですが、それが何か?」



みなさんこんばんわ、しょこです。

いろいろ手探りをしながら進めているこのブログ。
自分でもいろいろコンテンツは考えているですが
今日はそのなかのひとつの試みとして
オススメ本紹介したいと思います。


まず、記念すべき1回目は

岡田憲治 「ええ、政治ですが、それが何か?」です。

政治学を学ぶ人はもちろん、そうじゃない人はもっと読んで欲しい1冊です。

政治学を学ぶきっかけはおいおい語りたいと思っていますが、
d0338572_22123714.jpg
政治学勉強してますっていうとほぼかならず聞かれるのが「政治の道に進まれるんですか(ニヤニヤ)」という言葉。
(ちなみに私め、教育学部出身なので、教師にならないんですかも同じ位聞かれていました。。)

もうこの発言つっこみどころ満載なんですがなんにせよ腹立たしいのが

政治=自分たちとは遠いところにあるもの

政治=限られた人間しか関わらないもの  

って思ってるのがガンガン伝わってくるんすよね。

この本が伝えてくれるのは

そうじゃねーよと。

政治っていうのはどこにでも存在するものだよと。
誰にも関わることだよと。

だだきれいな言葉ではなく、自分たちにによりそった言葉で語ってくれます。

なんで私たちは政治をありとあらゆる意味で特別視してしまうのか。
特別視するところから離れてどう政治にどうコミットしていくのか。

政治学を学ぶ人は勇気を貰えるし、そうじゃない人は新しい視点が得られると思います。

耳から鱗が落ちるのはライムスターですけど、この本は目から鱗がマジで落ちます。



なんにせよ、タイトルがいいですよね。
いつか政治学やってますっていうとき言ってみたいですよね。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
[PR]
by shoko-run-run | 2015-09-17 22:36 | 読書